ミトコア300mgを飲んでみました!

アンチエイジングにも効果的と噂の「ミトコア300mg」を試してみることにしました。


ミトコア300mgは大きめの袋で、宅配便で届きました。


中身はミトコア300mg本体と、冊子類です。


初回お届け限定で、ピルケースもおまけでついていました。


ミトコア300mgは、1回だけの購入だと、19,440円でした。


定期購入することで、1回あたり15%オフの15,300円になるようです。


私は「日々の活力に」と思って、ミトコア300mgを買いました。

届いた冊子のなかには、ミトコンドリアを積極的に体内にいれることで、エネルギー生産が効率化したり、細胞が活性化したり、代謝がよくなるということが書かれていたので「買ってよかった」と思いました。


でも、ミトコア300mgは、どちらかというと不妊治療をされている方向けのサプリメントのようで…。冊子には何度も不妊にも効果的であることや、実際にミトコア300mgを飲んだ夫婦が赤ちゃんを授かった話などが、たくさん書かれていました。

こういった話は、きらいではないですし、嫌悪感はまったくないのですが…


唯一「潤滑ゼリー」の宣伝チラシだけは、ドンビキしました…膣のなかにいれて、夫婦生活のときに使うもののようですが、この見た目のインパクトは驚きしかありません。


サプリメントを頼んだのに、アダルトグッズのようなものまで紹介されて、本当に驚きです。
できれば購入時に、不妊治療目的かそうでないか選ぶ項目を作って、不妊治療目的ではないひとには、こういったグッズの紹介は送らないでほしいです。

ミトコア300mgを水で飲んでみました!

気を取り直して、ミトコア300mgを飲んでみることにします。


ミトコア300mgのボトルは、固めのセロファンでしっかり覆われていました。

ボトルのキャップは、封がしっかりされており、ねじって切らないと開かない仕組みになっていました。衛生的でとてもいいと思います。


中身は白い錠剤が入っていました。
思ったより、粒が大きいです。


一粒は楕円形で、大豆よりすこし大きいくらいです。


一粒あたりのエネルギーは3.08キロカロリー。
名称は「ゼオライト配合加工食品」。


原材料は、オリーブ油、ジオスゲニン含有植物抽出物、アグリコン型イソフラボン、ゼラチンなど。

内容量は、455mgの粒×84粒。
1日あたり、3〜9粒が目安量なので、1瓶でだいたい1ヶ月分という感じでしょうか。


水、またはぬるま湯で飲むといいらしいので、実際に水で飲んでみることにします。


2粒一気に飲んでみました。


口に入れた瞬間は、まずいとか、ニオイがあるとか、不快感は一切ありませんでした。ただ、カプセルが水に浮いてしまって上手く飲みこむことができませんでした。一粒は飲めましたが、もう一粒が口に残ってしまったため、また水を足すことになってしまいました。


一気に飲もうとせず、一粒ずつゆっくり飲んだほうがよさそうです。
1日あたり3〜9粒なので、朝昼夜、それぞれ1粒ずつわけて飲んでもよさそうですね。

ミトコア300mgの中身はどうなっている?!

「結構水に浮く粒だけど、中身はどうなってるんだ?」
気になったので切ってみることにしました。


外はかなり硬いので、ごりごりナイフで強めに切りました。
ぱかっと開いた中身にびっくり!

粉が入ってると思っていましたが、中身はとろ〜っとした液体状のものです!


中身を指にとってみました。
結構、ねばねばしているというか、油っぽい感じがします。

原材料に含まれているオリーブ油のせいなのでしょうか。ニオイはほとんどありませんが、若干「土っぽい、ほこりっぽいニオイ」がしました。


この中身だけなめてみましたが、とくに不味いとか、苦いということはなく「無味のクリーム」でした。

中身を開けてみてがっかりしたのは「中身はぎっしり入ってるわけじゃないのね…」ということ。カプセルがかなり分厚くて、中身は少ないという印象です。

さらに、この状態で水に溶かしてみました。


中身もカプセルも、なかなか溶けません…。

中身は基本的に油分が多いようで、なかなか水に混ざって溶けだしませんでした。カプセルは、3〜4分水につけていると、じわじわ柔らかくなってきたので、まったく溶けないというわけではなさそうです。

ミトコア300mg、可もなく不可もなく「これといって特筆すべき点もない、ふつうのサプリ」というのが、正直な感想です。

トップへ